お得なクレジットカード - 投資的クレカ生活

投資的クレカ生活

Kyashのメリット スマホ決済を比較してみた。【還元率、安全性、便利さ】

kyashの評判は?口コミから分かるメリットとデメリット

更新日:

Kyashってちょっとマニアックですが、実はプリペイド式のウォレットアプリの中でも高い人気を誇っています。

このページでは、Kyashの利用者の口コミや評判の情報をまとめてみました。

「Kyashに登録しようか迷っている」という方は、申し込む前に評判を確認しておきましょう。

 

Kyashの良い評判

まずKyashの良い評判を見ていきましょう。

ポイント還元率の高さに惹かれて、LINE PayからKyashに乗り換えました。LINE Payは以前とは違って仕組みが変わり、還元率が最低で0.5%になってしまいます。今までは2%だったのでショックでしたが、Kyashは2%のポイント還元を受けることが可能ですよ。クレジットチャージでポイントの2重取りができるのもKyashの良いところなのではないでしょうか。
Kyashのリアルカードは、お店で決済すると直ぐに通知が来ます。普通のクレジットカードにはないサービスですね。Kyashのこのシステムは、不正利用の発覚までの時間を短くできるのではと感じました。
Kyashは実店舗での決済だけではなく、アカウント同士での送金もできます。ちょっとしたお金を友人とやり取りする際に、Kyashは便利なアプリです。銀行で振込手数料を取られている方は、Kyashを利用した方が良いのではないでしょうか。
私はポイントサイトを経由して、Kyashのリアルカードを発行しました。公式サイトからの手続きでも良いのですが、250円分のポイントを獲得できるのでお得ですよ。ファミリーマートやローソンでチャージできますので、今のところKyashに不便さは感じていません。
あらゆるスマホ決済サービスやウォレットアプリと比較し、Kyashの2%の還元率は破格だと思いました。Kyashを通して1万円の買い物をすれば、200円のキャッシュバックを貰うことができますよ。還元大好きの私にとってKyashはピッタリのサービスです。
KyashのバーチャルカードはAmazonなどのネットショッピングで使い、リアルカードはVisa加盟店で使うなど、個人に合わせて使い分けることができます。基本的にどの店舗でも2%の還元率ですので、Kyashはかなりお得ですね。登録方法も簡単なので、皆さんも一度試してみてはどうでしょうか。
クレジットカードを使えば、残高が入っていなくてもオートチャージで決済できるのが便利だと思います。最初は本当に支払いができるのか不安でしたが、ファミリーマートで簡単に買い物ができました。Kyashアプリの履歴を見ると、ちゃんと支払元が登録したクレジットカードになっていましたので安心です。
Kyashで貰ったポイントは他のポイントプログラムに交換することはできませんが、2%+クレジットカードのポイントの2重取りは魅力的です。国内のみで使うプリペイドカードとしては、Kyashは最強のサービスだと思います。

Kyashの悪い評判

[st-kaiwa1]メインのカードとして使うに当たり、Kyashのリアルカードはあまり向いていませんね。申し込みの方法や手続きはとても簡単でしたが、よくよく調べてみると1回の上限金額が5万円という事実が・・・。残高に5万円以上あっても使えないシステムは撤廃して欲しいと思いました。

他のデビットカードやプリペイドカードにも該当するけど、Kyashは公共料金の支払いなど継続利用の決済で使えないのがデメリットだね。オンラインなら世界中のVisa加盟店で使えるけど、自分はそこまで買い物をしないから持っていても意味がないかも・・・。
リアルカードを発行して有効化をしても、1ヵ月当たりの利用上限が12万円という点は変わりありません。1回当たりの限度額も5万円とかなり厳しいところが微妙ですね。Kyashはなぜここまで利用限度額を低く設定したのでしょうか?
Kyashのアカウント同士であれば送金ができますが、受け取ったお金を現金化する手段がないのは微妙です。受け取ったお金は、送金するかインターネット上でクレジットカード代わりとして使うしかありません。

口コミから分かるKyashのメリットはこれだ!

Kyashの口コミを見てみると、高い評判を獲得しているサービスだと分かります。

現在ではバーチャルカードとリアルカードの2種類がありますので、実店舗とオンラインショップの両方で使用可能です。

ここでは口コミから分かるKyashのメリットを説明していますので、一度目を通しておきましょう。

Kyashのメリット・運転免許証や健康保険証を使った本人確認は不要で、メールアドレスなどの個人情報の入力だけで会員登録が終わるため、クレジットカードよりも簡単に作成できる
・バーチャルカードはインターネット上のみで利用できる仮想の番号なので、フィッシング詐欺といった個人情報の漏洩を未然に防ぐことができる
・Visaに加盟している店舗であれば、飲食店やコンビニなど実店舗での支払いに使える
・「コンビニ」「銀行」「セブン銀行ATM」「クレジットカードのオートチャージ」など、様々な方法で残高にチャージできる
・Kyash Visaカードで決済した金額の2%が残高にキャッシュバックされる(クレジットカードのチャージを使えばポイントの2重取りが可能)
・「LINE」「Twitter」「Facebook」「メール」の中から選択して、金額とメッセージを入力して手数料無料で個人間送金ができる

何と言っても、キャッシュバックの還元率が高いところがKyashの大きなメリットです。

例えば、楽天カードでチャージしてKyashを使っていれば、「Kyashの2%キャッシュバック」「楽天カードの1%のポイント還元」を合わせて3%の還元率になりますよ。

自分のクレジットカード番号を教えることなく個人間送金もできますので、是非一度Kyashに登録してみてください。

関連記事:Kyashにチャージするのにおすすめのクレジットカードは?

口コミから分かるKyashのデメリットは?

Kyashにも幾つかのデメリットがありますので、どのような部分が良くないのか要チェックです。

Kyashのデメリット・個人間送金ではKyashの残高が増えるだけで、現金化する方法はない
・クレジットカードと全く一緒ではないため、Visa加盟店でも使えない店舗がある(ガソリンスタンドなど)
・公共料金や高速道路料金の決済では使用できない
・1回当たりの購入限度額と24時間当たりの購入限度額が5万円以下に設定されている

Kyashの利用限度額は低く設定されているため、大きな買い物には使えないと心得ておきましょう。

まとめ

以上のように、Kyashの良い評判と悪い評判、口コミから分かるメリット・デメリットをまとめてみました。

これから改善すべき点は幾つかありますが、プリペイド式のKyash Visaカードが便利なのは紛れもない事実です。

iPhoneアプリとAndroidアプリの両方が用意されていますので、是非一度Kyashを試してみてください。

 

使ってみたい人は下の記事もチェック関連記事:Kyashを初めて使う人向けに、使い方をめちゃくちゃ分かりやすく解説する

関連記事

-Kyashのメリット, スマホ決済を比較してみた。【還元率、安全性、便利さ】

Copyright© 投資的クレカ生活 , 2019 All Rights Reserved.