お得なクレジットカード - 投資的クレカ生活

投資的クレカ生活

飲食店でお得に支払う

ドトールで一番おトクに支払う方法は?クレカは使えない・・・

投稿日:

忙しいときにホッと一息、平日や休日にカフェを利用する方も多いのではないでしょうか。

今回は「ドトール、のち、はれやか。」のキャッチコピーで有名なドトールで、どうすればおトクに利用できるのか解説したいと思います。キャッシュレスの波に乗って、おトクに賢くカフェを利用しましょう!

 

dav

「ドトール バリューカード」はチャージで5%〜ポイントが付く

ドトールをおトクに利用するなら、必ず持った方が良いのが「ドトール バリューカード」です。

ドトールの全商品の支払いに利用できカードでタッチするだけで支払うことができるので、小銭を出す手間もなくスピーディーにお会計を済ますことができます。

最初に発行手数料300円がかかりますが、300円ポイント付いてくるので実質無料で発行できます。また、貯まったポイントは、10ポイント=10円単位でドリンク、フード、コーヒー豆などドトールの全商品に利用できます。

気になる「ドトール バリューカード」還元率は?

気になる還元率は、なんと最大11%!ドトールでの商品購入のタイミングと、カードにチャージするタイミングでポイントが付与されます。

商品購入は100円購入するごとに1ポイント、チャージすると最低でもチャージ金額の5%分のポイントが付与されます。

さらに年間のドトール利用金額に応じて会員ランクが付与され、ランクアップするとチャージ時のポイントがもっとおトクになります。

ただし、ポイントが付くのは2,000円以上チャージした場合なので、要注意です。

また、毎月1日にドトールのお店・webで金額にかかわらずチャージをすると、1日チャージボーナスポイント10ポイントが付与されます。毎月、その月の利用予定に合わせて、2,000円以上チャージしておくのがおトクですね!

ランク 会員ランクに応じて、2,000円以上チャージした場合 条件
シルバー チャージ金額の5%〜 条件なし
ゴールド チャージ金額の7%〜 年間購入金額2万円以上
プラチナ チャージ金額の10%〜 年間購入金額5万円以上
商品購入時 100円毎に1ポイント

dav

チャージの仕方を工夫してもっとオトクに

チャージは、お店で現金でする他、webやスマホでクレジットカード(※1)を使ってかんたんにできます。

金額は最大30,000円まで、1,000円から1,000円単位でチャージ可能です。ただし2,000円以上がポイント付与の対象となります。

さらに、数あるクレジットカードでもドコモが発行するクレジットカード「dカード」でのチャージがおススメ!

dカードでのチャージなら、さらに100円につき3ポイントが貯まる

例)dカードで5,000円チャージした場合(プラチナランクの場合)
5,000円×10%=500円分(ドトールのポイント)
+5,000円×3%=150円分(dポイント ※2)
さらに、ドトールを利用
+5,000円×1%=50円分(ドトールのポイント)

5,000円のチャージと利用で700円分:14%分のポイントが付く

※1 Visa、Mastercard®、JCBのマークがついているクレジットカードが利用可能
※2 dポイントは「ドトール バリューカード」にチャージできるので交換してドトールで利用できます。

<さらにおトク>

dカードを発行すると、dアカウントが作られdポイントクラブのクーポンが利用できるようになります。キャンペーン商品のサイズアップが無料でできるなどおトクなクーポンが定期的に発行されているので、活用しましょう!

「ドトールバリューカード」以外の支払い方法は?

といっても、他の支払い方法でおトクに利用する方法は無いの?と思っている方も多いはず。

ところが、ドトールは意外と利用できる支払い方法が少ないです。

クレジットカードも今話題のスマホ決済も利用できません。

唯一、交通系の電子マネーが使えるので、「ドトールバリューカード」は作りたくないけど、おトクに使いたい!という方は、交通系の電子マネー+TカードでTポイントを貯めて利用しましょう。

電子マネーの種類 使える電子マネー
交通系 Suica、PASMO、ICOCAなど 利用可能
非接触柄 iD、QUICPay、楽天Edy 利用不可
スマホ決済 LINEPay、PayPay、楽天ペイ 利用不可

関連記事:LINE Payの還元率は?PayPay(ペイペイ)、LINE Pay、楽天ペイなどスマホ決済と比較した

また、各種商品券も利用できません。

ドトールを使うなら「ドトールバリューカード」で決まり!

いかがでしたでしょうか。これで、ドトールを利用するなら、間違いなく「ドトールバリューカード」を持つべき、ということがお分かりいただけたと思います。

実質無料で発行できるカードですし、作らない手はないです。1年に1回でも、半年に1回でもドトールを利用する方なら、作っておいてチャージしておけばいつでもおトクにドトールを利用できます。

早速、次にドトールに行った時には作りましょう!

関連記事

-飲食店でお得に支払う

Copyright© 投資的クレカ生活 , 2019 All Rights Reserved.